無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
トマトの定植〜2016年〜
0

     

     


    30℃越えの日本一暑い日から一転し、10℃もいかない日となってみたり...

     

     

     

     

    最近は雨続きで多湿傾向となっている北見市端野町でございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     トマトを植えよう 

     

     

     

     

     

     

     

     

    さて育苗中はどちらかと言えば低温続きで少々ムラのある苗となりましたが、先日、今年の定植を行いました。
    去年は液肥で主にコントロールしていましたが、今年は自家製の米ぬかボカシを追肥で用いようと思い、それならばいっそのこと有機栽培にしようと、貝殻石灰と鶏ふんを合わせて使用しています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     先ず穴を掘ります 

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0644.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0646.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0648.jpg

    いきなり何やってんのとツッコまれそうですが、至って真面目に深く穴を掘ります。全層へ貝殻石灰を施してロータリー耕を行っていますが、穴を掘って底の方へ鶏ふんと再度貝殻石灰を投入しています。これは根が伸びてきた後半戦に効果を発揮させる為です。

     

     

     

     

     

     と言うことで投入 

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0649.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0653.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0656.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    パラパラと穴底へ施し、土を埋め戻しました。硬い箇所を崩して深い箇所までフカフカになるので、根域も拡がります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ようやく定植 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0659.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0662.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSC_0663.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    晴れて定植となりましたが、ここで一つとても気を付けていることがあります。それは土壌の水分量です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    定植初期の段階から多くの水分があると、根が一気に伸びます。そうなると樹も一気に成長するのですが、実が着かないうちに大きく育ってしまっては、その後も実に栄養が行き渡らないまま樹ばかりが成長します。いわゆる暴走と言う状態です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そうなってしまってはコントロールが効かないので、結果として量が取れず、味も薄くなってしまいます。美味しいトマトを安定的に生らせる為には定植初期の水分管理がとても大切なんですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    面倒ではありますが、生育初期は計量カップを用いて一定量の水分を与えています。

     

     

     

     

     

     

     

     

    佐藤匠(タクミサト)
     
    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和

     

     

    | | とまと | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: