無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
トマトの床と1坪菜園
0

    先日無事に天才ビート君こと甜菜の播種作業も終えることができまして、電光石火で片付けを済ませ、トマトの床を準備しました。

    例年通りですが、甜菜の育苗ハウスにつき畑への定植が終わらないことには全ての場所は空きません。ですが、今から少しずつ準備は行います。

    ...写真を撮り忘れたので、有機石灰を施して整地作業を行い、潅水の終わった状態からスタートします。

    DSC_0126.jpg

     菜園もあるよ 

    例年通り、ハウス内には1坪菜園コーナーを設け、床に直接播種を行いました。

    ...写真、こちらも忘れてます。

    DSC_0128.jpg

    全体に潅水を行います。

    DSC_0129.jpg

    地温上昇と維持のため、透明マルチを張ります。

    DSC_0130.jpg

    種の発芽には適温と適湿が必要です。

    DSC_0132.jpg

    今時期はまだまだ寒いので、更にトンネルを掛け、夜から朝にかけてはトンネルの上にもう1枚シートを掛けます。

    DSC_0133.jpg

    ネギの播種も行いたいので、凍結した培土をトンネル内に入れて、解凍を試みます。

    DSC_0136.jpg

     今年はよりシンプルに、でも手間は掛けて 

    毎年極端な施肥は行わず、土づくりと有機質の施用をメインに栽培しています。水の管理と合わせ、美味しいトマトを作るためには試行錯誤の連続です。

    今年は施用する肥料を鶏ふんと自家製米ぬかボカシをメインとすることで、より美味しいトマトづくりを目指したいと思います!

    @タクミサト
    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | とまと | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: