無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
玉ねぎの根切り風景ときどきヨモギ
0
    JUGEMテーマ:野菜


    手掛けている野菜の中には玉ねぎもありまして、北海道北見市(端野町含む)では日本一の生産量を誇っています。一般的な栽培方法では機械化が進み、品種改良による優良品種と相まって、近年では高効率且つ高品質な玉ねぎの生産が可能となったのですね。

    収穫時期には根切りと言う作業を経て、十分な枯れ上がりを待ってから収穫作業に入ります。適期にて成長を止めて、以降の収穫及び選別からの集荷、倉庫保管まで玉ねぎをしっかりと乾燥させる為には、とても重要な作業になります。今回はその様子を少しご紹介します。






    ※以下、衝撃画像が続きます。







    DSC_3365.JPG

    ホンダのマイティに(汎用型の乗用作業機械)根切り機を装着し、いざ突入。

    難所に差し掛かると、ヨモギの大群が現れます。

     

    キク科の多年草。 別名モチグサ(餅草)

    日本全国いたるところに自生し、地下茎はやや横に這い、集団を作る。茎は立ち上がり、やや木質化する。葉は大きく裂け、裏面には白い毛を密生する。夏から秋にかけ、茎を高く伸ばし、目立たない花を咲かせる。

    セイタカアワダチソウと同様に地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌する。この現象をアレロパシー(他感作用、allelopathy)と言う。
    ウィキペディアの執筆者. “ヨモギ”. ウィキペディア日本語版. 2015-11-25.より


     

    DSC_3365.JPG

    はっきり言って、邪魔モノ以外の何モノでもありません。玉ねぎの生育は阻害しますし、根切りや収穫作業の時も邪魔になります。おまけに乾燥の妨げにもなります。

    でもこれ、畑の中で増えると収拾がつかないのもまた事実でして...

    DSC_3367.JPG

    振り返ってもヨモギ達。

    DSC_3368.JPG

    前を向き直してもヨモギ達。

    DSC_3371.JPG

    遠くを眺めてもヨモギ達。

    DSC_3373.JPG

    玉ねぎの隣にヨモギ達。

    DSC_3375.JPG

    遥か彼方までヨモギ達。

    DSC_3376.JPG

    違うポイントでもヨモギ達。

    DSC_3378.JPG

    日が暮れてきてもヨモギ達。

    DSC_3380.JPG

    暗くなってきたのでライトで照らされるヨモギ達。





    ...此処はヨモギ畑で、ヨモギの間に玉ねぎが邪魔しに生えてきたんだ。




    そうに違いないんだ...




    @タクミサト

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | たまねぎ | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: