無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アイコの種を播いたのです
0
    JUGEMテーマ:野菜


    野菜を育てる話になった時、どのステージから始めているのかと聞かれる事があります。つまり...

    直ぐに植えられる苗を購入するのか。

    それとも種を播き、移植と育苗を行って、植えられる状態まで自分の手でもって行くのかと言う事ですね。

    私は後者です。理由は...

    手間が掛かるものの安く済むと言う事と、色々な種類を試そうと思ったとき、苗の状態では手に入らない場合があるからです。

    そんなこんなで、ミニトマトも新宿の種馬ことシティーハンター冴羽遼ヨロシクで、種の状態から育てております。

    DSC_0073.JPG
    お馴染みのアイコ。味が濃く、甘くて美味しいミニトマトに仕上げられます。

    DSC_0076.JPG
    コート種子と言う、被膜のあるタイプの物であればもっと分かり易いのですが、そのままの状態の種子だと、写真では分かり難い印象です...。一応、指の先に在るのがそれになります。

    DSC_0079.JPG
    種子の発芽には適度な水分と適度な温度が必要になる為、土にタップリと水をやりまして、発芽までの期間は地温上昇と乾燥防止の為に透明なフィルムを張ります。

    種子からの栽培は手間こそ掛かりますが... その分、愛着も出ます。

    今年も美味しいミニトマトを収穫し、お届け出来るよう、頑張りますよ!

    @タクミサト
     

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | とまと | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: