無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アイコ大地に立つ
0
    JUGEMテーマ:野菜


    暑い日、畑で命からがら飲み物を保管してあるクーラーボックスへ辿り着いたものの、開けて見ると砂糖の効いた甘い飲料しか無かった時の絶望感。

    どうもこんばんは。タクミサトです。

    情報発信方法の使い分け方として、日々の事は投稿レスポンスに優れたでぃあとまとFACEBOOKページの方へ投稿しています。FACEBOOKページは個人ページと違って会員登録していない人でも見る事が出来るので、まだご覧になっていない方はそちらもどうぞ宜しくお願いします。



    それじゃあこのブログは。つぶやきタクミサトの存在意義はなんなんだい?
    最近は更新ペースも落ちているじゃないか。やる気ないんじゃないか? 
    時間が無いのなら睡眠時間を削れ! 寝ないで書け!


    と、怒涛の自問自答はさておきまして...
    違いを説明しますと、あっちはレスポンス重視で、こっちは内容重視です。

    そう!

    つまりはブログこそ私タクミサトの本領発揮できるフィールド!

    無駄に内容が濃くて無駄に長い文章が書けて写真と文章のレイアウトをし易いブログこそ、短文サイトでは不可能な表現が出来るのです!

    ...その昔、レンタルサーバーへ1ページ1ページ作って保存して、リンクを貼ってそれぞれ繋ぐ作業をしていた時もありましたが(今では廃れた個人のホームページ)今ではブログがホームページの機能も兼ねて、無くなる事もなく活用されていますね。

    DSC_1886.JPG
    さて、そんなところでアイコさんです。先日定植を済ませてから、連日温度と水の管理が続いています。

    DSC_1655.JPG
    生育初期の段階では水をやり過ぎた状態で暫く経過させると、実が生る前に樹ばかりが育ってしまい、実が生り始めても実に栄養が行かなくなります。樹ばかりが育ってしまったこの状態は、『樹が暴れる』と言ったりもします。

    水のやり過ぎによって地下の自然に水分のあるところまで根を早々に導いてしまう事によりそれは発生するので、生育が安定するまでの初期の段階では特に水やりに気を遣います。そこで水量をコントロールし易くする為に、手灌水で水やりを行っています。

    DSC_1926.JPG
    因みに水やりが少なすぎるとそれはそれで生育がストップしてしまうので、適湿を保つのが重要です。その日の気候や、苗の生育ステージによっても水の要求量が変わるので、よく観察して決定します。

    DSC_1772.JPG
    12cmポットからの定植なので、数日で花が咲いてきました!

    DSC_1884.JPG
    これくらいまで育ってくると根もそこそこ伸びているので、一旦水切り。地下の水分を探して、自然に、より深く根を張るように促します。

    と言ったところで、今回はアイコの中間報告でした。

    より美味しいミニトマトを収穫する為にも、闘いは続きます!

    @タクミサト

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | とまと | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: