無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
消去法にも限界がある
0
    JUGEMテーマ:野菜


    二択にせよ三択にせよ、迷った時には「こっちは取り敢えず違うな!」と分かる物から外したり、「こっちは取り敢えず不要だな!」と要らない物を先に外す事により、選択肢を狭める事がありますよね。

    あんぱんにしようかクリームパンにしようか悩んでいて、「今日の気分は餡子じゃない!」と決めて食べたクリームパンが実はジャムパンだったと言う、ちょっと複雑な心境とかもありますよね。

    それはさておき...

    先日ミニトマトのアイコを定植しましたので早速その記事を書こうと思った矢先、書きかけの記事があったので今回はハーブの話ですよ!

    ハーブと一口に言っても多種多様で、食用に出来るものがあればポプリに用いるものもあったり、鑑賞専用のハーブなんてのもあります。

    私タクミサトが作っているのはバジル、青紫蘇、パセリ、イタリアンパセリ、チャービル、ルッコラ...

    タイムやディル、クレソンも種は持っていますね。但し、持っているだけです(場所が無い)

    オレガノは庭で野生化したものが元気で、他にもローズマリーなんかも作った事がありますね。ローズマリーは挿し木で増やせるので面白かったです。

    各種ハーブは食用の他、マリーゴールドと合わせ、アブラムシの忌避効果を狙って彼方此方へ植えます。

    DSC_1612.JPG
    と言う事で鉢上げ。
    バジル、チャービル、パセリ、イタリアンパセリ、シソ

    DSC_1610.JPG
    どれが何か...

    DSC_1611.JPG
    分からないでしょう?(笑

    DSC_1543.JPG
    因みにセロリ。

    これもまた似ている。。。

    DSC_1680.JPG
    更に数日経過しまして、少しづつ特徴が目立ってきました!

    DSC_1681.JPG
    写真上の茂っているヤツがチャービルで、下で少し大人しくしているのがパセリです。

    DSC_1682.JPG
    で、こっちがイタリアンパセリ。

    パセリと見分け難いのですが、パセリと比べてこの早い時期でも葉が展開するので、そこで見分けています(パセリはやや窄まる)

    DSC_1684.JPG
    こちらもしそ科同士で判断し難い部分があるのですが、バジルの方が成長も早いので、そこら辺も判断材料になります。

    これは青紫蘇

    DSC_1685.JPG
    で、バジル。

    可愛いです。

    DSC_1686.JPG
    ハーブとマリーゴールドを多用する為、ハウス内は心地の良い香りが次第に漂ってきます。

    そしてそうする事でアブラムシがハウスそのものに寄り難くなり、農薬に頼り切らなくても良い栽培が可能となるのです!

    美味しいトマトの為に、手間暇かけて取り組んでおります。

    @タクミサト

     

     

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。

    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和


     

     

    | | いろいろやさい | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: