無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
問題は常に自分自身の中にある
0
    JUGEMテーマ:野菜


    限られた箱庭の中だけでも毎日見て回っているとそれなりに変化があり、時にはちょっとしたハプニングに遭遇する事もあります。

    落し物なんてのもありますね。「アレ?」と気が付くと、大体何か落ちている訳です。先日も...

    DSC_0367.JPG
    玉ねぎのハウスにこんなのが落ちていました。まぁ本人的には9割9分の確率でアレだと分かっちゃあ居るのですが...

    DSC_0368.JPG
    玉ねぎハウスの頭上に吊り下げている、ハンガースプレーの導水管。それをハウスパイプに吊り下げる為のS字フックです。材質が樹脂の為、長年の経年劣化で弱くなったところで、脆くも砕けてしまうのですね。取れてしまったところはタクロンバンド(ハウスバンド)と言う引張強度に優れた黒いビニール紐で吊るしています。

    タイミングが重なると、2〜3個砕け散って落ちている時もあります。。。

    DSC_0396.JPG
    場所と話は変わり、ビートの育苗ハウス。トンネル一層目が農ポリの透明トンネルで、朝晩の低温凍結対策では2層目にホワイトシルバーのトンネルを設けています。

    朝晩の気温も少しづつ上がってきましたので、昨日撤去しました。

    DSC_0397.JPG
    写真右端の方に見えていたホワイトシルバーを先ずは撤去し、続いてホワイトシルバー側の緑色のポールを撤去しました。

    DSC_0398.JPG
    2層目のポールとシートを撤去する事により、1層目のトンネルの開け閉めが楽になります。見た目もスッキリ!

    ...え?

    左右のビートがセンターへ寄り過ぎていて、真ん中の通路が無いに等しいんじゃないかですって?

    DSC_0399.JPG
    いやありますよ。カコム(ビートを囲む為の長い発砲スチール)の上を歩きますからね。何も問題はありません。

    もし何か問題があるとすれば...

    DSC_0416.JPG
    最後の一口の缶コーヒーを

    ...クイッ!

    と飲んだ刹那

    バリッ!!!

    と間髪入れずに情け容赦なく破れ散った、このベンチくらいじゃあないですかね。

    それか若しくは、生地の劣化が進んでいる事を認識しつつ。破れ始めている事を認識しつつ

    「大丈夫だ。まだイケる!」(根拠無し)

    とタカをくくっていた、自分自身じゃあないですかね。
     

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | いろいろやさい | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: