無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジャガイモとキノコのブタ肉巻
0
    JUGEMテーマ:おうちごはん

    どうもこんばんは。イモ男ことタクミサトです。

    ジャガイモを去年の秋に収穫し、自宅近くの凍結しない比較的涼しい場所で保管しておりましたが、一定温度下での低温維持が出来ていない為、年も明けて3月ともなると、芽の方が結構伸びております。

    それでもまだ萎びきってはいない為、皮を厚く剥き、芽を深く取り除けば使用出来ます。貯蔵期間が長い為、デンプン質が糖質へと変化し、甘味、旨みが増幅されているのにも注目です。と言う事で、ホクレンブランドの『よくねたいも』だと言って売るとします。


    DSC_0220.JPG
    余り物で行きます。適当な食材で代用OKですよー!

    【本日の食材】
     ・芽の少々伸びたジャガイモ(今回はトヨシロを使用しています)

     ・しめじ

     ・豚の切り落とし

    【ソース用として】
     ・飲み残しの赤ワイン
     
     ・醤油

     ・EXバージンオリーブオイル

    DSC_0221.JPG
    トヨシロのストックはこれがラストとなりました...

    残っている品種は『とうや』のみです。

    DSC_0222.JPG
    ガッツリと皮を剥き、芽を取ります。
    こう言った時はピーラーだと仕事が遅くなるので、包丁がおススメです。

    また今回、同時にフライドポテトの下ごしらえも行っております。こちらは櫛形に切り、水にさらして、余計なデンプンを抜きます。

    DSC_0223.JPG
    巻く用のジャガイモはあまり大き過ぎると熱の通りが悪いので、細めの拍子木切りにします。しめじと共に巻いていきます。面倒なので、熱の通りは悪くなりますが太めに巻いています。

    DSC_0225.JPG
    水から茹で、沸騰したら中火にしてそこから4分間茹でます。

    DSC_0227.JPG
    茹で上がったらザルに上げ、そのまま粗熱を取ります。

    DSC_0229.JPG
    さぁ! 巻いたアレをジュージュー焼いて行きます!

    「テフロン加工されていなくて、家のフライパンはくっ付きやすいんだよー!」

    と言う方は、写真左端のクッキングシートを引くと良いですよ!

    DSC_0231.JPG
    並べてー...

    焼きます!

    DSC_0232.JPG
    裏表と焼き色を付けたなら、そこから蓋をして、イモにもシッカリと熱を通します!

    DSC_0236.JPG
    焼き上がり後はフライパンに豚の脂が野菜の旨みと共に残りますので、赤ワインを加えて半量になるまで煮込み、醤油で味を調えます。

    DSC_0237.JPG
    ソースをかけ(または絡める)、EXヴァージンオリーブオイルをモコミチばりに追ってかけます。

    ハイ出来上がり!

    DSC_0234.JPG
    そして粗熱の取れたジャガイモは保存容器に入れ、冷蔵庫保管。次回揚げてフライドポテトにします!

    ここで更に冷凍してから揚げるワザもあるのですが、出来上がりの食感には好みもあるので、どちらが良いとは敢えて言いません。お好みでどうぞ!

    ジュニア野菜ソムリエで古物商のタクミサトです。
    ↓ヤフオクでの販売品はコチラ↓
    ↓Amazonでの販売品はコチラ↓
    ↓Facebookページ版はコチラ↓
    でぃあとまとFacebookページ
    ↓北見市端野町に関することはコチラ↓
    のんた日和
    | | クッキング | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: